RSS | ATOM | SEARCH
エネルギー・カフェ 夏休み キッズ・プログラム
 おひさまクッキング
7月29日(日)12:30〜14:30 西部環境エネルギーセンター
太陽熱調理体験と 夏の節電学習をしました。
元気な小学生と兄弟、保護者 8家族25人が参加しました。
夏のおひさまは、つよい光と熱を 地球に とどけます。
おひさまの 光と熱を はんしゃばんで あつめます。
すると、あ〜〜ら ふしぎ。 火もないのに、クッキングできるのです。
おひさまの 力を 感じてみましょう。
・・・・・
ソーラークッキングとは:レンズや反射鏡を用いて集光した太陽光を黒い鍋に照射して得られる太陽熱を利用して調理を行うもので、燃料が不要な調理法です。
自然エネルギー利用の実践、環境教育、理科教材等に活用されています。
海外では、特に砂漠化や森林破壊で薪が不足する地域での応用が期待されています。
  参考:「日本ソーラークッキング協会」 http://www.geocities.jp/jscajp/
・・・・・
おひさまのチカラでどんなことができるかな?みんなで意見出し。
  地球を温かくする、洗濯物を干す、花や野菜が育つ、太陽光発電、雨を降らす・・・
次にソーラークッカーの仕組みについて説明。
太陽の光と熱を集めて、火もないのに料理ができます。
外に出て、大きなソーラークッカーで、うずら卵をクッキングし、
「キキョウ」でココア缶を温めてみました。
金沢は連日の猛暑。ソーラークッキングも期待できそう。

待っている間に、ソーラークッカー「キキョウ」の工作をしました。
ガス台の下に敷く汚れ除けの台紙で簡単に作れます。
「キキョウ」を使うと、天気の良いときには、食パンからラスクが作れます。
さっそく家で作ってみたいですね!

さて、90分経過。ココア缶は 手で持てないくらい 熱くなっていました!
中身は29℃から50℃まで温まり、みんなでふうふう言いながら飲みました。
うずら卵も、固ゆで、半熟、ちゃんとクッキングできました。
おひさまのエネルギーは大きい!
自然エネルギーを身近に感じることができました。

そのあと、絵を見ながら、省エネを探そうクイズ。
「敷地の緑化!」「洗濯ものは外で干す」「家族だんらんが、一番の省エネ」
「たてものの断熱」などなど、たのもしい意見が続々と出ました。
最後にみんなで「夏の省エネ大作戦」の作戦会議をしました。
・・・・・・
ソーラークッカーは、発展途上国のエネルギー問題解決に貢献しています。
「太陽熱で料理して世界の森を守ろう 〜太陽熱調理器 ソーラークッカー 」
 http://journeytoforever.org/jp/sc.html
ソーラークッカーを活用すると、調理に必要な薪の量が減り、
森林伐採を防ぎ森林資源が保全されます。
また薪拾いに関わる女性と子供たちが重労働から解放され、
教育の機会が生まれ、人権が守られます。
また安全できれいな食事や飲み水も確保できます。
世界各地の発展途上国で、ソーラークッカーの普及活動が行われています。

おひさまのチカラで何ができるかな?
大型のパラボラクッカーも登場!
うずらたまごを調理しました。
「キキョウ」が たくさん並びました。
ココア缶は20度も温まりました。
工作した「キキョウ」
夏休みにはソーラークッキングの
実験をしてみてくださいね。











author:eco-net, category:エコロジー, 11:55
comments(0), trackbacks(0), -
エネルギー・カフェ ジュニア
「エネルギーを見てみよう」8月19日(日)
小学生と家族50名が参加。見えないエネルギーを作ってみたり、
見えるようにして遊んでみました。
*家の中で使われている電気製品さがしをしました。
エアコン、TV, ゲーム、洗濯機、電子レンジ、掃除機・・・いっぱい見つけました。
*手回し発電体験、回るエネルギーが電気エネルギーに変わりますが、
電気を作るのが大変だということを感じました。
*お天気がよくなってきたので、外でソーラーパネルを使って発電し、
プロペラも回してみました。勢いよく回り、みんなで歓声!
影になると回りません、日向に置いたり、影に入れてみたりして
太陽光発電を試してみました 。






*電気製品クイズ・・・夏の昼間、電気をたくさん使う電気製品4つをあてっこしました。
*エアコンや冷蔵庫の上手な使い方を習いました。扉を早く閉める、
つめこみすぎない。整理整頓・・・
*冷蔵庫で使う「省エネぴよぴよ」を作りました。
冷蔵庫の扉を開けると「早く閉めてちょうだい」と「ぴよぴよ」と鳴く省エネグッズです。
みんな、「節電」「早くしめよう」ということばや、
ひよこや卵の絵を上手に絵を描いてくれました 。





どうぞ可愛がってくださいね。
エネルギーを作ったり、見てみたり、聞いてみたり・・・
夏休みから省エネ家族が増えることでしょう 。

author:eco-net, category:エコロジー, 11:28
comments(0), trackbacks(0), -
「エネルギー・カフェ」開講です。
みんなで考え行動しましょう 低エネルギーで自然な生活

私たちは、朝起きてから夜寝るまで照明やテレビ、冷蔵庫、エアコンなど

様々な電化製品を利用し、たくさんのエネルギーを使用しています

しかし昨年3月11日の東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故によって、

これまでの電気の安定供給システムが崩れ、エネルギーのあり方が問題となってきました。

金沢エコネットでは、地球環境問題、エネルギー問題、廃棄物問題など

私たちの暮らしについて、楽しく学び、家庭や職場で行動できるように、との思いを込め、

毎月「エネルギー・カフェ」を開催することにしました。

 

616日(土)午後24

西部環境エネルギーセンター 環境学習室

★ハウス・マネージメント 水無月編 

 低エネルギーで梅雨を過ごす衣食住の知恵

低エネルギーで梅雨を過ごす衣食住の知恵を学びました。

まず、日本の四季の特徴を「二十四節季」で確認。

忙しい現代人には忘れがちな季節感ですが、改めて見直したいものです。

次に梅雨時の家電製品の電気使用量の大きさを比較。

便利なアイロンや乾燥機が以外と電気の大食い!

熱を発生する家電の使い方を考え直したいものです。

水回りのお手入れに、環境負荷の少ない重曹・クエン酸を使ったナチュラルクリーニング、

節水洗濯、ヒートポンプの仕組み、洗濯物をシワなく早く乾かす裏ワザを披露。

湿気に負けない住環境整備と、梅雨を元気に乗り切るエコな食の知恵について学びました。


 

                      梅雨時の家電の電気使用量の比較

 



「エネルギー・カフェ」開講です。
みんなで考え行動しましょう 低エネルギーで自然な生活

私たちは、朝起きてから夜寝るまで照明やテレビ、冷蔵庫、エアコンなど

様々な電化製品を利用し、たくさんのエネルギーを使用しています

しかし昨年3月11日の東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故によって、

これまでの電気の安定供給システムが崩れ、エネルギーのあり方が問題となってきました。

金沢エコネットでは、地球環境問題、エネルギー問題、廃棄物問題など

私たちの暮らしについて、楽しく学び、家庭や職場で行動できるように、との思いを込め、

毎月「エネルギー・カフェ」を開催することにしました。

 

616日(土)午後24

西部環境エネルギーセンター 環境学習室

★ハウス・マネージメント 水無月編 

 低エネルギーで梅雨を過ごす衣食住の知恵

★発電体験コーナー

★夏の省エネ・節電  

季節のハーブティとお菓子でティタイムもありました。

 

参加者から感想をいただきました。

エネルギー・カフェで聞いてきました。

6月16日(土)西部環境エネルギーセンター環境学習室で「梅雨のハウスマネージメント」「夏の省エネ・節電対策」と題して講習会がありました。

梅雨のジメジメが大好きなカビを生まない、増やさない対策は? 

☆・重曹で安全なカビ退治をしよう。

 ・浴室はカビの原因要素を失くす。(湿気、温度、汚れ)

  水をかけて温度を下げ、汚れを落とす。水分を拭き取り、換気扇で温度を下げ、湿

度を下げる。

 ・排水溝は重曹+温かいクエン酸で汚れを浮かせ、落とす。

 ・重曹水を作って活用(酸性の汚れを浮かせて落とす。油・手垢等)

 ・参加者の活用法は入浴剤・鍋のコゲ・生ごみに振りかける・洗濯・小容器に入れて匂い取り

  ※アルカリ性(カルキ・石鹸・アンモニア)の汚れにはクエン酸水を活用

☆・梅雨時の洗濯は風を活用。(部屋干し対策)

・バスタオルを広げてしわを伸ばしたい衣類の形を整えてたたみ、包み込んでしばらく置いてから干すとシワが伸びてアイロン不要

・風通しをよくする。(扇風機、除湿機を活用すれば、省エネ、乾燥時短)

我慢しなくてもよい省エネ・節電方法は?

☆・こまめにスイッチオフ(使うときだけスイッチオン)

☆・待機電力の削減(使わないときはプラグを抜く)

☆・エアコンで節電(カーテンで外からの熱を防ぐ・フィルターの掃除をする・室外機の周りに物を置かない・扇風機等で空気を回す・室内温度を適温に)

☆・冷蔵庫で節電(設定温度を夏は中、冬は弱・開閉を少なく・詰め込みすぎない・冷ましてから入れる・隙間を開けて設置・パッキンを取り換える)

☆・照明で節電(かさを掃除・こまめに消灯・外出時はスイッチ消灯・器具を買い替え)

☆・テレビで節電(主電源オフ・画面を掃除・音量、明るさは適量に)

☆・他にもこんなこと(ご飯は炊いて小分けして冷凍。チンしても炊きたての味・お湯は必要な時に沸かす・便座はスイッチオフ・洗濯は残り湯、まとめ洗い・乾燥は扇風機)

☆・その他の提案(グリーンカーテン・アクリル束子・段ボールコンポスト・エコカー・コンセントはタップでこまめにスイッチオフ・外出はバス利用)

生活の中でもっと省エネ

☆・フードマイレージを考える(地産地消・旬産旬消)

☆・環境負荷を認知する(環境家計簿をつけて数値化)

聞いてよかった(私の場合)

☆・今すぐできることから始めよう。(便座の電源オフ・グリーンカーテンは育成中・重曹洗濯・重曹水、クエン酸水を使って掃除・食事は地場産を利用・環境家計簿をつける・

  扇風機で風を流す・情報アンテナON! )


author:eco-net, category:エコロジー, 18:37
comments(0), trackbacks(0), -
冬の生き物たちに会いに行こう!
雪の上をかんじきをはいて、森の中の野鳥や生き物たちを観察します
【日 時】1月30日(土)17時集合〜31日(日)午前11時半解散
【場 所】キゴ山ふれあいの里 *1階ロビーに集合です
【講 師】白川郁栄(野の鳥の会)
【定 員】親子連れ 30名
【参加費】大人、子どもそれぞれ一人1000円
【持ち物】筆記用具、手袋、スキーウェアなど暖かい服装、雨具、双眼鏡、図鑑、宿泊の用意
金沢市環境政策課(076-220-2507) *申し込み〆切 1月22日まで
author:eco-net, category:エコロジー, 21:13
comments(0), trackbacks(0), -
夏休み親子で古着の布ぞうり
布ぞうり体験
 金沢エコライフくらぶのメンバーを講師に、古着を材料にした布ぞうりを作りました。夏休み中の親子が12組参加しました。ぞうりは裂いた布を足を使って引っかけて編みました。はじめは体が痛いとの声も聞かれましたが次第になれてどんどん手が進みました。講師を囲んで講師の手元を見ながらぞうりを完成させていきました。母と子ペアで1足仕上げる親子もあり、時間を過ぎてもがんばって1足仕上げる男の子もいました。
 今回の古布ぞうりは引きひももすべて古着を材料に作られています。残った引きひもで鼻緒の部分も作ってあります。
 ぞうりの裏は編み足した布の端が出ますので最後に編み込んだ部分に挟み込んで始末をします。

布ぞうり
author:eco-net, category:エコロジー, 13:41
comments(0), trackbacks(0), -
フィッシャーズ
川に生息する生きものをつかまえて自然と親しみましょう。

・日 程:10月24日(土)8時〜12時 *7時50分までに集合してください
・会 場:犀川中流(いしかわ子ども交流センター前集合)
・講 師:ガイア自然学校
・定 員:小学生の親子20人
・会 費:一人1000円
・持ち物:帽子 水筒 タオル サンダル
・お問合せ:金沢市環境政策課(076-220-2507) *申し込み〆切 10月16日まで
author:eco-net, category:エコロジー, 15:59
comments(0), trackbacks(0), -
野鳥のえさ台を作ろう!
日 時:平成21年8月2日(日)午前10時〜12時
場 所:金沢ふるさと偉人館
参加費:親子1組 300円
持ち物:出納、筆記用具、カッター、ハサミ
申し込み先:野の鳥の会 白川郁栄 090−8265−0955
申し込み締め切り:7月27日
author:eco-net, category:エコロジー, 15:08
comments(0), trackbacks(0), -
夏山の鳥や虫に会いに行こう!
【テーマ】夏山の鳥や虫に会いに行こう!
【日 時】平成21年7月5日(日)午前10時〜12時
【場 所】医王山西尾平駐車場 *9時50分までにお集まりください
【参加費】300円
【持ち物】お弁当、水筒、筆記用具、雨具、双眼鏡、携帯用図鑑など
【連絡先】野の鳥の会・白川まで 090−8265−0955  〆切 6/30まで
author:eco-net, category:エコロジー, 12:53
comments(0), trackbacks(0), -
フィッシャーズ
日時:6月20日(土)8:00〜12:00
場所:犀川中流(いしかわ子ども交流センター前集合)
内容:川に生息する魚などの生き物をさまざまな方法で捕まえたりして自然と親しむ
講師:ガイア自然学校
対象:小学生の親子20人
費用:ひとり1,000円
申込:電話で氏名・こどもの学年・住所・電話番号を金沢市環境政策課まで(先着順)TEL220−2507
author:eco-net, category:エコロジー, 13:42
comments(0), trackbacks(0), -