RSS | ATOM | SEARCH
電力の自由化って、何のこと?いったい、ぼくらにどういうメリットがあるの?
環境先進国ドイツでは、2022年までに脱原発、
2050年までに二酸化炭素の排出量を最大95%削減する目標を掲げ、
環境にやさしいエネルギーへの転換を進めています。
日独、両国のエネルギー政策の状況を知るとともに、
市民による再生可能エネルギーの推進事例を紹介しました。
 
日時 2月23日(日)午後1~3時
場所 西部環境エネルギーセンター   
内容
*エネルギー自給率4%! 日本のエネルギー政策
*ドイツのエネルギー政策
*ドイツ 市民エネルギー紹介
*金沢市民発電所 市民出資による発電事業
*しかけ冊子「ドイツにおけるエネルギーシフト」
(ドイツ連邦共和国大使館 刊)を配布。最新情報満載。Q&Aの構成で
再生可能エネルギーの優位性が論理的に説明されています。
http://kanazawa-econet.main.jp/kusanone.pdf


報告者

 *山上莉奈さん:
福島県郡山市出身。金沢大学国際学類2年生。
2013年にドイツ バーデン•ヴュルテンベルク州のバイオエネルギー村や
シェーナウ電力会社(EWS)等を視察。
現在FKkidsCampで福島県の子どもたちとのキャンプ活動をしている。


*合同会社 金沢市民発電所 代表社員 永原伸一郎さん:
合同会社 金沢市民発電所は地域や市民を巻き込んで再生可能エネルギーの普及をすすめ
持続可能な社会の実現をめざすことを目的に昨年8月に設立。
市民出資により市内2か所の保育園に太陽光発電設備を設置、
売電の売上金を、出資した市民に分配する事業が3月から始まる。
http://kanazawa-cps.com/


*中村早苗さん:
石川県地球温暖化防止活動推進員。
2013年、石川県よりドイツの環境都市フライブルク市に派遣され、
環境教育の交流事業のほか、事業者の省エネルギー、
環境人材育成事業、市民エネルギー、まちづくり等を視察。金沢エコネット会員。

主 催:金沢エコネット http://kanazawa-econet.main.jp/
後 援:社団法人 いしかわ環境パートナーシップ県民会議
*この事業は金沢市の委託により環境教育環境学習の推進のために開催。

 
続きを読む >>
author:eco-net, category:活動報告, 17:39
comments(0), trackbacks(0), -
金沢エコネット 2012 活動報告 2012 年8 月5日
 フード・マイレージ・ゲーム&食とエネルギーの地産地消見学
食と環境の謎を専門家がズバッと解説!食にかかわる環境負荷を表す指標
「フード・マイレージ」研究の第一人者が金沢に。
食卓からエコの生活を考えます。
講師:中田哲也氏(農林水産省、 金沢エコネット会員)
http://members3.jcom.home.ne.jp/foodmileage/fm-profile.html

食とエネルギーの地産地消見学バスツアー
8 月5 日
棚田米、平飼養鶏など有畜複合循環型農業と小水力発電を拝見しました。
行先:(有)土遊野(富山市)http://doyuuno.net/
昨日、フード・マイレージを学習した参加者20 名が参加しました。
バス車中では、中田哲也さんが、前日の内容をより詳しくお話になりました。
日本の食料自給率や食品ロスの問題、
大量の輸入食料の長距離輸送が地球環境に与えている影響、
地産地消の効果等についてです。
現代の食をめぐる問題点に改めて考える機会をいただくとともに、
身近な食から地球環境保全につながることを学びました。
http://members3.jcom.home.ne.jp/foodmileage/120805_econet.pdf
富山市土(旧大沢野町)で、(有)土遊野の橋本順子さんが
バスに乗車されました。橋本さんご夫婦は30 年ほど前に
東京から草刈十字軍としてこの地を訪れたのをきっかけに、
お住まいを定め、高齢化で管理できなくなった地元の方々の
田畑を受け継いで、持続可能な農業をなさっています。
バスがカーブするたびに見える傾斜地の棚田。いのしし除けの電気柵が設置されています。
水田はアイガモ農業。元気なアイガモが田んぼで泳ぐと代掻きになります。
農薬使用が削減され、生態系の保全にもなり、環境と調和がとれた農業に…
棚田米は、環境保全型農業の有機食品の検査認証制度
「有機JAS 認証」を受けています。
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html

 

ヤギもいました。雑草を食べてくれるので強い味方。
バスを降りて鶏舎を見学。懐かしい匂い…ぬか漬けのような匂い…
飼料用の米や穀類を乳酸発酵させた、自給の餌を与えているからです。
にわとり1,000 羽が広い鶏舎にゆったりと住んでいました。
ストレスフリーの平飼養鶏で、2日に1 回産卵する有精卵。
黄身は優しいレモン色で、さらっとした食感です。「有機JAS 認証」
このたまごや玄米米粉で作ったシフォンケーキ、
天然酵母のパンなどの食品作りにも取り組んでいました。
畜産で出る廃棄物は田畑に還元され、
有畜複合循環型農業を実現。
穀類、畜産品、家畜飼料、農業資材、加工食品、すべてが地産地消です。
今、都会からやってきた就農希望の若者8 名が
持続可能な農業を実地で学んでいます。

 産みたて有精卵
                     産みたて有精卵

最近はエネルギーの地産地消にも取り組まれ、
谷川を利用した小水力発電(文部科学省 エネルギー自立実証実験)
太陽光発電(8kW)、電気自動車を導入。
エネルギーの自給自足に成果を挙げています。

ターゴインパルス型
水車発電機 出力1kW
余剰電力はバッテリーで
蓄電し、モニターで
受給状況を可視化している

上掛け水車 400W
環境教育にも役立って
いる

用水利用の発電 機
「えこぴか」

LED
街灯に利用

昼食は八尾町の「山元食道」さんで。
http://www.yamamoto-shokudou.com/index.html
建築士のオーナーさんが町屋を改装した食どころ。
(有)土遊野さんの卵に、富山市の(有)池多ファームさんのベーコン、
上市のお米、地元の魚、野菜を使った、地産地消ベーコンエッグ丼をいただきました。
9 月の「おわら風の盆」のにぎわいも、もうすぐです。

山元食道前でおかみさん

地産地消ベーコンエッグ丼

古い町屋の良さを生かして、
地域の和紙、漆喰、うるし、
柿渋を改装に利用。
建築の地産地消!


参加者の感想
橋本順子さんの「生産者、消費者という関係ではなく、
ネットワークの一員として」という言葉が一番心に残りました。
土遊野さんの卵で、さっそく自分でもベーコンエッグ丼をつくってみました。
卵はとてもおいしかったのですが、ベーコンが・・
やっぱりイケダさんのベーコンおいしかったですね。
菊池八穂子さん
橋本さん宅のエネルギーを初め、農家としての生産活動すべてが、
地産地消である事に、納得しました。
橋本さんの取り組みに感服です。
これが、全国に拡がればと、思いました。
室井定志さん


「フード・マイレージ資料室」・・・中田哲也さんの ウェブサイト
http://members3.jcom.home.ne.jp/foodmileage/fmtop.index.html
ブログに中田哲也さんのレポートかあります。
http://foodmileage1.blog.fc2.com/blog-entry-101.html
http://foodmileage1.blog.fc2.com/blog-entry-102.html
author:eco-net, category:活動報告, 10:20
comments(0), trackbacks(0), -
金沢エコネット 2012 活動報告 2012 年8 月4日
 フード・マイレージ・ゲーム&食とエネルギーの地産地消見学

食と環境の謎を専門家がズバッと解説!食にかかわる環境負荷を表す指標
「フード・マイレージ」研究の第一人者が金沢に。
食卓からエコの生活を考えます。
講師:中田哲也氏(農林水産省、 金沢エコネット会員)
http://members3.jcom.home.ne.jp/foodmileage/fm-profile.html

「フード・マイレージ ゲーム」
8 月4 日(土)午後2〜4 時 石川県女性センター
今年はキッズ向けのプログラム。
元気な子供たちと、「昔こどもだった方」、
合わせて約50 名が参加しました
エコ忍者 パネルシアター「お米の話」
お百姓さんがお米を育てる間に、たんぼにはいろいろな生き物が登場。
稲の生長に、こどもたちはわくわくどきどきしながら
見入っています。収穫になると大きな拍手が起こり、
お米の大切さを実感ました。 「エコ忍者」http://www.econinja.jp/

「さあ、稲刈りしましょう」「さあ、稲刈りしましょう」


エコ忍者、お百姓さんといっしょに お米に感謝エコ忍者、お百姓さんといっしょに
お米に感謝


フード・マイレージ・ゲーム
「フード・マイレージ」とは、食料の輸送量に輸送距離をかけたもので、
食料輸送にかかる環境負荷を知る指標です。
講師の中田哲也さんは「フード・マイレージ」の研究の専門家です。
食生活の変化によって日本が食料を海外から多く輸入していること、
輸送のときに地球温暖化の原因になるCO2 排出の多いことについて説明されました。


各国のフード・マイレージ指標 日本が特に大きい各国のフード・マイレージ指標
日本が特に大きい


いよいよゲーム。食事バランスガイドに従って、主食、副菜、主菜、
乳製品、果物から、30 人分の給食のメニューを選びます。
主食は、地元のお米か、アメリカから輸入された小麦のパン。
同様に、他の食材も、地元産か、外国産などから選びます。
グループで相談しながら、食べたいメニューを選んでいきました。
次に世界地図に食材の産地を確認して旗を立てました。
そしてメニューカードの裏に書かれた、食材の重さ、輸送距離を表に書き込み、
フード・マイレージと、輸送により排出するCO2 排出量を計算します。
こどもたちは、お母さん、おばあちゃんの励ましを受け、
同じテーブルのおじさんおばさんにもアドバイスをもらいながら
一生懸命計算しています。難しい漢字もがんばって書きました。




最後に、グループごとに、どんな食べ物を選ぼうか、と話し合い。
「やっぱり地元のたべものがいいと思います。」
と元気よく発表してくれました。





また、お米の新しい魅力である、米粉の説明があり、
参加者に米粉パンとおからクッキーがプレゼントされました。
協力:まままんま工房 http://mamamanma.web.fc2.com/index.html
「フード・マイレージ・ゲームに参加しました」
グループワークで、他のグループが選ばなかったメニューをあえて選んでみました。
ハンバーグ、食パン、果物はバナナ、ハネムーンサラダ(長野産)。
地場産の 太キューリのあんかけや、あじの塩焼きなどの
メニューと比較すると、マイレージは二桁違いでびっくり!
CО2排出量も、マイレージが基本なので、輸入食材は
確実に多くなる結果となります。
しかし、国内輸送はトラックを選ぶと、Km あたりのCO2 排出量は、
船による輸送より多くなりがちです。
国、産地、販売者が取組として輸送手段を変更していく必要があると感じました。
今後も機会をとらえながら、地球環境に関心を持って、
自分なりに取り組んでいきたいと思いました。
中條屋千栄子さん


author:eco-net, category:活動報告, 10:04
comments(0), trackbacks(0), -
【活動報告】ハイムーン 高月紘先生 環境まんが展
ハイムーンこと、石川県立大学教授 高月紘先生の描かれた、東日本復興支援カレンダーの原画を始め、先生の描かれた環境まんが約70点を展示しました。
 


環境カレンダー2011「みどりのおとぎばなし」2012「みどりの世界をひらく十二の文字」の原画26点を展示。
環境カレンダー2012は、東北の復興を願い「夢」をいだくことから始めて、自分でできることは何かを見つけ、伝え合い、秋には「地」を耕し「種」をまいて「緑」いっぱいの世界をつくるという一続きの流れが描かれた「東日本復興支援カレンダー」です。
 来場者は、絵にこめられた、平和で幸福に満ちた未来への希望の実現のために、日々の取り組みの大切さを感じていらっしゃいました。
 
 

環境カレンダー2012を購入される来場者。 
 

収益の一部は、東北復興に。

 
「ゴミック・コレクション」から・・・
「持続可能な社会とは」(左)、「お茶の時間」(右)が特大サイズでお出迎え
 

「ハイムーン まんがギャラリー」では、数々の「ゴミック・コレクション」を展示


【エコ・ココロ 書道ワークショップ】


大好きなことばを字に書いて
大好きな絵を描きました。
「水」「友」「自然のことばを聴こう」など、心打つことばと、楽しい絵がいっぱい。
大好きな動物やお花をたくさん描いた、かわいい力作も!




ハイムーン先生 まんがワークショップ
「まんがをかいて ごみをへらそう」


11月19日(土)13〜15時 
まんがの好きな子がたくさん集まりました。

ハイムーン先生のごみクイズ・・・
「ごみの中で多いものは?」
「どんな分け方をしているかな?」

まんがでは、ごみをへらすこと
「リデュース」が大事。
と習いました。

そして、まんがのかき方を習いました。




ごみをへらすためには、どんなことができるかなぁ?



壊れたいすだって、部品を代えて修理すれば使えるよ
身近なごみを次々に
描くおともだち



ハイムーン先生がやさしくアドバイス




作品の発表!
身近なごみについて、よく見て、よく考えて、発表してくれました。



「あめの包み紙やビール缶がごみになっているよ!」


「お魚は残さず食べたいな!」

「新聞紙はリサイクルだよ。」

「いらなくなったおもちゃは,小さい子にゆずりたいわ。」


「詰め替え容器の商品を選びます。」
「それこそ『リデュ―ス』です!」



段ボールコンポスト実践中のおかあさん


「ごみにする前に、まだ使えるか 考えます。」


「ものを大切に使うと、ごみはふえないと思います。」


記念撮影

みんなでかいた絵を、ハイムーン先生が、ほめてくださいました。
うれしいな♡

絵は、戸室リサイクルセンターで展示される予定です。



「ハイムーン先生のまんが話」
11月20日(日)13時30分〜15時 
ハイムーン先生と高月紘先生との関係は?まんが家になったのはなぜ?
ユーモアたっぷりのまんがに、会場から笑いも・・・
京都市で約30年続けられている「ごみ組成調査」からみた、行き過ぎた現代のライフスタイルについてお話
宮古市を訪れた際の、災害廃棄物処理の様子、核廃棄物が次世代に与える負の影響についてハイムーン先生が、まんがで語りかけました。


東北の被災地にはまだ廃棄物が多量に!
そんななか、分別収集とリサイクルが進んでいる様子が写真で紹介されました。そして、新作まんがで、原子力発電所の事故を経験し、大量消費の生活を見直し私たちが進む道について考えてみては・・・というご提言をいただきました。


開封されていない食品が廃棄されている画像に、主婦のみなさんから驚きの声!


ハイムーン先生と Q&Aタイム 
「『進んでいる生活』って、これでいいのでしょうか?」
「被災地の災害廃棄物の行方は?」


環境カレンダーに、ハイムーン先生のサインをいただきました。



ハイムーン先生を囲んでの記念撮影


高月先生 日本環境保護国際交流会、金沢エコネットの会員ほか、
スタッフのみなさん ありがとうございました。
記 さくらママ

参考:
【2012年度「環境カレンダー」】
http://www.jeeeco.org/newsletter/calender2012.html
【ハイムーンの漫画ギャラリー】
http://www.miyako-eco.jp/highmoon/index.html

【講師 プロフィール】
High Moon(ハイムーン)こと高月紘(たかつきひろし)先生
石川県立大学教授。京エコロジーセンター館長。環境漫画家。
日本全国をはじめ、イギリス、中国、インドネシア、マレーシアなど
世界各地で個展を開催。
「漫画ゴミック廃貴物」(日報出版)、絵本「絵コロジー」(合同出版)などを出版。
漫画を使ってのワークショップも行い、
子どもたちの環境教育にも積極的に取り組んでいる。


author:eco-net, category:活動報告, 20:18
comments(0), trackbacks(0), -
活動報告  竹林整備INうちかわ
 8月23日(日)に内川小中学校周辺の竹林の間伐作業を行いました。
  エコネットで募集したボランティアとPTAの皆さん、小中学生、それから(有)ダイモン・システムの皆さんの総勢70名で間伐とグランドの除草。
  竹は大きく成長し密集していましたが、みんなのがんばりですっきり間伐できグランドが明るくなった気がします。
  今回、切り出した竹は、学校で使用する分、39アースさんが行う「竹とうろう祭り」で使用する分、残りは(株)越村商店に回収してもらい竹チップに再生してもらいます。
  どれだけの量のチップができるか楽しみです。
結構急斜面での作業もありました。

上から切り出した竹の枝打ちです。




↓↓ 間伐後 ↓↓

author:eco-net, category:活動報告, 17:50
comments(0), trackbacks(0), -